良質の睡眠を得ることがダイエットにつながる

「寝ているだけで痩せられるよ。」と聞いたら、あなたはどう思いますか?

 

 

きっと「そんなうまい話があるわけないじゃない!」と否定するでしょう。しかし全くのウソではありません。実は寝ることによって痩せることは可能です。睡眠とダイエットには深いつながりがあります。「最近寝不足気味で・・・」と嘆いてるときに、体重が増えていることはありませか?睡眠不足によって疲労がたまっているので、どちらかというと痩せていることを期待していただけに、落胆も大きいでしょうが、良質の睡眠を得ることがダイエットにつながるのです。それは成長ホルモンの働きによります。人間は成長ホルモンというものをもっています。

 

 

その成長ホルモンは眠っているときに分泌されます。成長ホルモンが分泌されると、代謝が上がり脂肪が燃えやすい体質になることができます。つまり、じっとしていても痩せやすい体になるのです。「成長ホルモンといっても、もう成長期は過ぎているし・・・」という心配は無用です。

 

 

成長ホルモンは加齢とともに分泌量は減るものの、なくなることはありません。30代、40代、50代でも、正しい睡眠さえ取っていれば、若々しくスリムな体型をキープすることは可能なのです。質の良い眠りを手に入れるには、毎朝太陽の光を浴びるようにしてください。メラトニンというホルモンが分泌され脳に働きかけ、夜には眠気を感じることができるでしょう。そして毎晩8時間前後眠ってください。生活環境により睡眠に割り当てられる時間は、個人によって違うのでぴったり8時間である必要はありません。

 

 

起きたときに、「あぁ、よく寝た!」とすっきりする時間が、あなたに最適な睡眠時間です。また寝る前のスマホ操作やパソコン操作はやめましょう。脳が刺激を受け、覚醒してしまうので深く眠ることができなくなってしまします。ダイエットのためにも、そして健康のためにも、毎日ぐっすりと眠るようにしましょう。